モンスト不動明王の適正キャラのアグナムートXを評価してみた!





こんにちは。当サイト管理人のゲンキです。当サイトをご覧頂き、ありがとうございます。

 

この記事では『モンスト不動明王の適正キャラであるアグナムートX(獣神化)を評価してみた!』をテーマにお届けします。

 

以前の記事で不動明王の適正キャラランキングを発表しましたが、そこで出てきたアグナムートX(獣神化)に関する評価記事になります。

 

アグナムートX(獣神化)は本当に不動明王を倒すために、適正なキャラクターなのか・・・?


不動明王の適正キャラであるアグナムートX(獣神化)の最新評価

モンスト 不動明王 アグナムートX(獣神化)
出典:http://appmedia.jp/monst/27014

【アグナムートXの特徴】

記念すべき獣神化実装、第一弾のキャラ。

それまで進化と神化しか無かったモンスト内に新たな風を吹かせた。

実力は申し分なく、今までゲットしたものの他に強キャラが居たためにBOX内に寝かしていた方も多いはず。

獣神化したことで、一気に当たりキャラにのしあがった。

【アグナムートXの強い点/使える点】

汎用性の高いアビリティでいろんなクエストはもちろん、超絶や覇者の塔でも活躍の場が多い。

なかでもMSELは地雷回収毎の火力アップが魅力。

スピードタイプの特徴であるHPの低さも気になるほどでもない。

またワクワクの実を2つ付けられる。

【アグナムートX弱い点/使えない点】

火属性ということで、どんなクエストにも連れていけるという訳ではない。

またダメージウォールは対応出来ないので、四面に貼られると身動きが取れなくなることも。

育成コストが高くリセマラで手にいれたはいいが、本格稼働までにはかなり時間がかかる。

【進化/神化・獣神化のどれが強い?】

断然、獣神化の一拓。

しかし育成のコストは非常に高い。

  • 獣神竜紅5体 紅獣石50個 紅獣玉30個 獣神玉 2個

さらに進化か神化後のスライドなのでそれまでの育成コストまで考えると結構気が遠くなるが、完成した最は間違いなくメインで使用できる。

【ステータス評価】

  • 火属性 神種族 反射 スピードタイプ
  • マインスイーパーEL+アンチ重力バリア(ゲージ)
  • ワクワクの実 2つ可能
  • HP(タス後)23889 攻撃力(タス後)21858 スピード(タス後)398.25

他の強キャラと比べても見劣りするところは無く、幅広いクエストに連れていけて非常に優秀。

MSELが強力で地雷が多いクエストで本領発揮する。


【アグナムートXの総合評価と使い道】

獣神祭限定キャラで常に排出する訳では無く、狙い撃ちしないと入手出来ない。

獣神化後、これ目当てで、ガチャを引く人も多くなったはず。

超絶のイザナミ零や不動明王で活躍が期待できるので、当たれば優先して育てたい。

【まとめ】

獣神化第一弾キャラということで、ステータスは勿論イラストも運営の気合いが伝わるキャラクター。

おいおい第一弾でこれなら、今後の獣神化は期待できる!と皆に思わせた功績も大きい。

神化のイラストからすっきり美人になった印象で見た目も好みで使用する人も多いはず!

 

そして・・・不動明王の攻略に役立つのが、モンストで最高ランクを誇るレアキャラクターたち。

 

とはいえ、一度ひくと分かると思いますが・・・ガチャで星5、星6などのレアキャラは、なかなかゲットできませんよね(w_-; ウゥ・・

実は、それもそのはずで、ガチャから星5以上がでる確率は、なんと2%以下なのです。

 

無課金攻略なら、ガチャを引くオーブを貯めるのも時間がかかりますよね。

もちろん、10連ガチャをすれば確率はありますが、そこまでオーブを集めるのは本当に大変な作業です。

 

そこで、ここまで読んでくれたあなたには、今回だけ特別に課金せずにオーブを大量にゲットする裏ワザを教えますね!

>>無課金でオーブを大量ゲットの裏ワザ

 

※この裏ワザは期間限定でいつ終了するか分からないので、今のうちにやっておくことをおすすめします。

 

 

裏ワザの関連記事

目次へ戻る





女子○生や素人変態女に出会う裏ワザ知りたい?


女子大生 女子高生 出会い 無料 SNS
ここまで記事を読んでくれた”あなた”だけに…ブサメンの管理人が素人女子○生とSEX三昧の毎日を送っている裏ワザをお伝えします。


と言っても、信じることはできないと思うので…裏ワザを使って素人娘と出会った時の証拠画像と裏ワザの真相を以下の記事で限定公開します。

>>管理人と女子○生とハメ撮り画像

ちなみに…※反響があり過ぎた場合には、公開を停止する可能性が高いので、チェックだけでもしてみてくださいね〜!





サブコンテンツ

このページの先頭へ